『日々是好日』という映画を見ました。

茶道教室に通い始めた主人公の人生のあり方や成長、茶道の心得などが描かれた物語です。

最初から最後まで全てが刺さりました。その中で一番響いた言葉が

 

世の中には”すぐわかるもの”と”すぐにはわからないもの”の二種類がある。

すぐわかるものは、一度通り過ぎればそれでいい。けれど、

すぐにわからないものは、何度か行ったり来たりするうちに、後になってじわじわと

わかりだし、『別もの』に変わっていく。そして、わかる度に自分が見ていたものは

全体の中のほんの断片にすぎなかったことに気づく。

 

という言葉です。

このブログを始めたのもこの映画を見てからです。

毎秒更新されていく新しい事よりも

大事だと思うことをここに記して行こうと思いました。

じわじわとして行きたいです。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK