サイトへ戻る

 

れいれい

藝大で写真を学ぶ当時19歳だったれいれいをスカウトしてそれから3年くらいいてくれた元カイソガール。最初は重いもの持つとポキッと折れるんじゃないかと心配になるくらい華奢で小さい子だった。けどなんて言うか、魂がもう何度も生と死を経験しているような感じがして小さいけどすごく重い透明な丸い塊みたいな子。純白の白いふわっとしたエプロンを巻いてお祈りをしている様にパンを売ってくれていた笑 そんなれいれいの展示が去年ありその時の写真集が最近完成した。れいれいの撮る写真には写真にしか現れない光と闇がある。その場所や人のオーラを写してる。写真撮られると魂抜かれると昔言われてたよね。写真集を見た時私はれいれいの持つその光の闇にとても憧れ、惹かれてあの時スカウトしたんだなと過去と今が繋がった感覚がした。ご縁に感謝ですほんと。これからの黒田零をお見逃しなく!ドンミシッ   http://www.0-rei-0.com

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK